業務用壁掛けエアコンを設置する場所とはどのような所か

業務用のエアコンには天井や壁に空調機を埋め込むタイプや床に置くタイプなど、様々な種類があります。そのため、事務所や店舗などにエアコンを設置する際にどのタイプが合っているのか、それぞれの特徴やメリットはどういった点なのかと頭を悩ませる方も多いです。特に業務用のエアコンと言えば天井や壁などの埋め込み式を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、主に家庭で使用されている壁掛けのエアコンにも業務用のものは存在します。それでは、どのような場所に壁掛けエアコンを設置するのが一番良いのでしょうか。また、壁掛けタイプのエアコンは家庭用のものと何が違うのか、壁掛けのエアコンのメリットやデメリットはどういった点なのかなどをその他のタイプの業務用のエアコンと比較しながら説明します。

壁掛けエアコンのメリットについて

壁掛けエアコンのメリットはいくつかありますが、特に工事費が安価で済むことが大きなメリットの一つとして挙げられます。埋め込み式のように天井や壁にエアコンを設置するための穴をあける必要がないため、大掛かりな工事は必要ないことが多いです。そのため、設置に時間があまりかからない点もメリットとして挙げられるでしょう。また、埋め込み式の場合、天井に埋め込む場合は照明の設置が困難になることがありますし、壁に埋め込む場合は柱の位置などによっては設置が困難になることがありますが、壁掛けの場合はインテリアや部屋の設計を邪魔することは少ないです。その他にも音が静かな点や、業務用と言えど、家庭用のエアコンと操作がほとんど変わらないものが多いため、誰でもすぐに操作できる点もメリットです。

壁掛けエアコンの設置で気を付けたいこと

業務用なので家庭用のものに比べれば高い馬力を持ちますが、それでも壁掛けタイプのエアコンはその他の業務用のエアコンに比べ、馬力が小さい点がデメリットとして挙げられます。これは、吹き出し口がどうしても1か所に限られてしまうことが原因です。天井に埋め込むタイプであれば、最大4か所吹き出し口がありますが、壁掛けの場合は構造上吹き出し口を複数持つことができません。同様に1方向にしか風を送れないので、均一に素早く空調を整える機能もやや低いです。壁掛けのエアコンを設置するなら、狭い面積のスペースの空調を整える場合にしましょう。また、家庭用と同じく室外機への配管が露出してしまうため、インテリアにこだわりたい空間の場合は気になる方もいらっしゃるかもしれません。どうしても気になる場合は専用のカバーを付けて対応する必要があります。