業務用エアコンを壁掛けにすることで得られるメリット・デメリット

業務用エアコンには天井埋込カセット形、天吊形、床置形、ビルトイン、天井埋込ダクト、壁掛け形などさまざまな種類があります。天井埋込カセット形のメリットは、景観をすっきりさせることができるという点、デメリットは諸々の代金が高くつく点です。天吊形の場合は埋込形に比べ設置が楽で、設置できない環境というのはほぼありません。デメリットは、エアコンだけではなく配管もむき出しになってしまうため、景観を損なう点です。お客様を迎える施設には向かない形であるといえます。床に設置するタイプの床置形はあまり工事費がかかりません。体育館、映画館など天井の高い施設では天井近くに設置するタイプのエアコンでは風が届かないため、必然的に床置形が多くなります。メンテナンスやクリーニングもしやすいので扱いやすいやすいタイプであるようです。

業務用エアコンにはどんな種類があるのか

ビルトインは天井埋込形と似ていますが、天井内にダクト配管を伸ばして自由に吹き出し位置を選べる点が違います。天井埋込カセット形を設置できない形の部屋でもビルトインなら可能です。吸い込み口を隠せる構造で、表に見えるのは吹き出し口だけという点でインテリア性も抜群です。その分工事費は非常に高くなります。費用にしても、吹き出し口の数だけチェックしなければならないため高くつきます。そのため業務法エアコンの中では人気がないタイプのようです。天井埋込ダクトはビルトインと似ています。明確な違いは吸い込み口が固定されているかいないかです。天井埋込ダクトの方は吸い込み口が自由に設置できます。ホテルなどの大型施設に多く設置されているタイプで、業務用エアコンの中で最も工事費がかかります。最後に壁掛け形です。

業務用に壁掛けのエアコンを設置する場合

業務用の壁掛け形エアコンは家庭用のエアコンと形はほぼ同じですが、大きさがひと回りほど大きくパワーも全く違います。ほかの業務用エアコンに比べると工事費用、メンテナンス費用等安価に抑えられる点がメリットとしてあげられます。設置が手軽で、据え付け工事も簡単、床のスペースをとらず、すっきりと設置できます。小規模なオフィス、事務所などに向いているタイプです。デメリットとしては、風が遠くまで届かないこと、両サイドにも風が届きにくいため温度ムラができやすいことなどがあげられます。馬力により空調可能な広さが変わってきますが、1.5馬力で24~35㎡(14~20畳)、12馬力になると197~291㎡(118畳~176畳)までカバーできますので、費用面からも壁掛け形のエアコンを候補にする価値はありそうです。