業務用エアコンは壁掛けがお勧めできる理由とは

業務用のエアコンには、天井埋め込み型、天井吊り型、壁掛け型、床置き型、ビルドインなどいろんな種類があります。それぞれに、設置のしやすさ、費用、性能、外観など違った特長があるので、設置する場所や用途、予算などに合わせて最適なものを選択するといいでしょう。ここでは主に壁掛け設置の業務用のエアコンについて触れていきます。壁掛けというと、家庭用のものを想像される方が多いでしょう。業務用の印象はあまりありませんが、業務用の壁掛け型というものもあるのです。形状は家庭用のそれとほぼ同じイメージとなりますが、業務用の壁掛けのものは家庭用のものよりもひと回りふた回り大きく、パワーも業務用ならではのものになっています。他の種類のものと比べ、壁掛けにはどんなメリット、デメリットがあるのかを見ていきましょう。

業務用のエアコンを壁掛けにするメリット

業務用のエアコンに壁掛けタイプを選んだ場合、まず設置するのが他のエアコンと比べて簡単で、時間がかかりません。よって、エアコンの入れ替えによる業務の中断などをしなくて済みます。埋め込み型のように工事費用もかかりませんし、手軽に設置できることが第一のメリットでしょう。また、同じく設置が簡単である床置き型と比べ、置き場所をとらないので、床を有効活用できます。壁が重さに耐えられるよう小さめのサイズになっているので、小規模なオフィスや小売店などでこのタイプが多く使用されています。家庭用と同じく気流のコントロールもしやすいですし、メンテナンスもしやすくなっています。家庭用の大きい版という感じですので、機械に対する特別な知識も必要ありません。非常に手軽で使いやすい業務用のエアコンとなっています。

業務用のエアコンを壁掛けにするデメリット

壁掛けのエアコンの一番のデメリットは他の業務用のエアコンに比べてパワーが弱いことでしょう。壁掛けにするため、どうしても重さの制限があり、他の業務用のものに比べて機械が小さくなっています。最大馬力のものでも170畳程度が限界となりますので、大型店舗や工場など広い空間での使用には向きません。また、一方向からの空気の循環になりますので、奥行きのある部屋だと温度にムラができることもあります。埋め込み型のものと比べると音が大きいということもあります。このように、設置できる広さを選ぶタイプにはなってしまいますが、まかなえる広さの場所であれば壁掛けタイプのものは大変使いやすくなっていますのでおすすめです。業務用のエアコンの設置をお考えの際には壁掛けタイプもご一考ください。