メーカー別インクジェットプリンターの特徴

仕事やプライベートでパソコンを使っていると、印刷物を作る機会も増えてきます。これから初めてプリンターを購入する時も、買い換える時も手手に入りやすいインクジェットプリンターから見ていくことが多いでしょう。メーカーも豊富ですが、特徴を見ていく時には写真や文書、どのような印刷が得意なのかみておかないと、仕上がりに雲泥の差が出てきます。今は6色インクを採用しているタイプが多いですから、印刷物もより綺麗にできるようになっています。少ないカラーにも対応できるものであれば、インク代の節約にもなるので継続して使う時のコストパフォーマンスにも優れていると言えるでしょう。基本的な能力を比較しながら、自分の用途に合うプリンター選びをすると使いやすいです。

重視するポイントを決めて選ぶようにしよう

定番のインクジェットプリンタは家電量販店などを見ていてもたくさんの取り扱いがあります。基本的な印刷能力が高いものを求めるのであれば、6色インクで枚数もたくさん印刷できる方が便利です。また、写真やイラストなどを印刷するのであれば、それに適したものを選ぶ事でより綺麗な印刷になります。本体の大きさ自体も昔に比べるとかなりコンパクトになっていますので、作業性を重視するのであればなるべく機能もそこそこ使えて、スペースも取らないようなタイプのものを選ぶのも良いでしょう。省スペースであれば必要な時だけ準備して使って後はしまっておけるので、邪魔になることなく快適に作業が出来ます。価格もメーカー毎で違いますので、じっくりと比較しながら気に入るものを選びましょう。

印刷の仕上がりに関係してくるインクについて

市販されているプリンタの多くはインクジェットタイプですが、インクにも実は違いがあります。よくみると顔料や染料と書いてあるのですが、得意な印刷タイプがあるので何となくしっくり来なかったという時には見直してみましょう。顔料系はにじみにくくはっきりと印字されるので、文章を印刷するのに適しています。インク代自体も顔料系のほうが安くなるので、節約志向でプリンターを選びたいならこちらになってくるでしょう。もう一つの染料系は発色がとても綺麗で、グラデーションなどもとても美しく印刷されるので、写真やイラストなどをメインにプリントする時にはこちらのタイプがおすすめです。それぞれ印刷したい内容に合わせて使い分けられるようにしておくと、仕上がりにも満足できるようになるでしょう。