インクジェットプリンターの意外な使い方

インクジェットプリンターは、比較的サイズが小さく、無線接続ができる機種も増えたため、置き場所に困ることがありませんし、価格も安価な物が多いので、家庭で使われることが多いプリンターでしょう。インクジェットプリンターを使って、年賀状や文書、家族の写真の印刷に利用することが多いと見られていますが、用紙を選んだり、専用のキットを使ったり、プリンターメーカーやダウンロードサイトで用意されているテンプレートを利用するだけで、様々な使い方ができるのをご存じでしょうか。ハンドメイドの作品のデザインや、オリジナル作品を制作するのにも簡単に利用できます。メーカーサイトやダウンロードサイトではユーザー登録が必要な場合もありますので、説明書や使用条件を確認するといいでしょう。

フィルムや布に印刷することも可能

インクジェットプリンター向けの印刷紙は、用紙メーカーから色々な物が販売されています。透明なプラスチックフィルムもあり、剥離紙を外せば色々な物に貼り付けることができます。自分でデザインしたイラストを使ってもいいですし、ダウンロードサイトから無料利用できるデザインを使ってもいいでしょう。耐水性の高い加工がされ、貼った時に気泡が入りにくい物を利用すると便利です。ガラスのコップに貼り付けたり、表札にも利用できますし、スマートフォンのデコにも使えます。シンプルで地味なインテリア用品でも、華やかに装飾できるでしょう。転写できるタイプの印刷シートは、スポーツの応援で腕や顔に国旗などのマークを付けるシールタトゥーにも使えますし、ネイルアートのデザインシールにも使えます。無地の布に転写して、オリジナルデザインのTシャツや、バッグなどを作成することも可能です。

ダウンロード素材やキット等を使って工作を楽しむ

インクジェットプリンターのメーカーや、無料素材専用のダウンロードサイトでは、利用者登録をしている方に限り、オリジナルのダウンロード素材を用意している場合があります。普通紙に印刷すると、便せん、封筒のレターセットや、お年玉用のポチ袋として利用できる場合がありますし、作り方の通りに印刷物を組み立てていくと、動物や車、建築物などのオブジェが出来上がります。休みにペーパークラフトを楽しんだり、夏休みの宿題に子供さんと作るといいでしょう。また、パソコン関連の周辺機器や消耗品を扱う会社では、専用の発色が綺麗になる光沢紙と一緒にキットを販売しています。プラスチックのケースや金具と組み合わせて、キーホルダーができたり、携帯電話やスマートフォンに付けるストラップができたりします。好きなイラストや子供さんの描いた絵や写真を印刷して、オリジナルデザインの一品を作るといいでしょう。