インクジェットプリンターに掛かるコスト

インクジェットプリンターは、家庭用として使用するプリンターとしては使いやすいといえます。新機種であっても比較的手ごろな価格で購入出来ますし、使用感もまずまずといえるでしょう。しかし仕事用のように、大量印刷をする場合には時間もインクの減り方も早く、コストはそれなりにかかるといえるでしょう。最近では純正のインク以外にも、使用出来るインクリボンが沢山販売されていますが、それらは必ずしも純正インクのように使えるとは限らず、埋め込まれたICチップのデータをうまく読み取れない事も多いといいます。それに純正以外のものを使用した場合、故障の際の保証が効かなかったり、印刷具合が鮮明でなかったりと、せっかくのプリンターとしての機能まで損ないかねないといえるでしょう。すなわち純正インクを使用するべきインクジェットプリンターは、コストが非常にかかるという事です。

プリンターの使用頻度からくる選択

プリンターの購入を考えた時、インクジェットプリンターがいいのか、それとも速度の速いレーザープリンターがいいのか、悩まれる方もいらっしゃる事でしょう。特に個人経営などの仕事用として選択する場合には、費用を考えれば本体コストの低いインクジェットプリンターの方が断然購入しやすいといえますが、使用頻度によってランニングコストはあまりよくないというのが現状です。そういう意味では、使い勝手のいいレーザープリンターが良いのかもしれませんが、最初の本体価格やインクのトナーなどの諸経費を考えれば、こちらも難しい選択を強いられるといえるでしょう。結局のところどちらを選ぶかは、使用の頻度によるという事です。大量に印刷を行うのであれば当然スピードの速いレーザーを購入しておくのが良いでしょう。

どちらもそれなりにコストはかかるもの

正直色々な面で比較検討した場合、一概にどちらのタイプがいいという決断は出来かねるといえるでしょう。どちらにしてもインクの交換は必要ですし、故障などで修理が必要になることもあります。リサイクル用インクや、純正以外のインクがうまくマッチするようであれば、コストも随分と下がりますから、後は使用する頻度や目的に応じて、どちらかを選択するよりほかはありません。いまのところ両者ともに五分五分という感じです。とにかくプリンターにおけるインクのコストについては、今後も引き続き改良が必要といえるでしょう。今後ともしばらくは両者譲れない凌ぎあいというところですが、やがては本体価格がずっとリーズナブルになったレーザープリンターが、プリンターの主流となるかもしれません。

サイトでは商品の用途や特徴、価格など詳細情報をご確認いただけます。 お支払方法は、代金引換や郵便振替、銀行振込からお選びいただけます。 ホームページ上でご注文内容のお見積書の発行が可能です。 効率第一の自社一貫制作なので、お急ぎの場合も短納期が可能です。 防災加工の商品は、防災シールを1枚80円、別途料金にて発行いたします。 カラー再現技術は無料配布の出力サンプルでご確認いただけます。 インクジェットをお手頃価格でお届けします