壁掛け業務用エアコンの設置方法を紹介

店舗や事務所にエアコンを設置したい場合に、どのようなエアコンを設置したらよいか悩む場合も多いでしょう。店舗や事務所の広さによっては家庭用で対応できる場合もありますが、家庭用ではエアコンを設置しても十分に室内を快適な温度に導くこと難しく、失敗してしまう恐れもあるため、基本的には業務用のエアコンを設置することをおすすめします。業務用のエアコンといえば埋め込み式を連想するケースも非常に多いですが、こうした埋め込み型のエアコンの設置はコストがかさむことや、設置できない場合もあるため、後から設置する場合は壁掛けの業務エアコンもあります。壁掛けというと家庭用のエアコンのイメージが定着していますが、業務用の壁掛けもあります。今回はこうした壁掛けの業務用エアコンについて紹介していきます。

壁掛け業務用エアコンを設置するメリットとデメリットとは

家庭用も一般的な壁掛けタイプのエアコンは家庭用のみならず、業務用も販売されています。見た目は家庭用よりも一回り大きいサイズです、壁掛けの業務用エアコンを設置するメリットとしては設置にかかる費用が埋め込み式などと比較すると非常に低く抑えることができる他、設置にかかる時間も比較的に短く済ますことが可能です。また気流をコントロールしやすいことも特徴としてあげられます。一方で壁掛け式であるため当然ながら壁に設置されるため、壁に設置できる大きさや重さでつくられており、業務用エアコンの中では小さく、広い空間の空調をコントロールすることは難しいことがデメリットであるといえます。こうした壁掛けの業務用エアコンは小規模な店舗や、比較的小さな事務所などで設置することが適しているといえます。

壁掛けの業務用エアコンの設置方法とは

壁掛けの業務用エアコンを設置しようと考えた場合に、設置費用を節約するために自分で設置ができないか考える人も多いです。しかしながら壁掛けの業務用エアコンでも設置は据付板の取り付けや電線やホース、配管の接続と非常に難しいため、慣れていない素人では非常に難しいといえます。壁掛けの業務用エアコンを設置する場合、以前も設置したい箇所に壁掛けの業務用エアコンが設置されていた場合、比較的短時間で設置してもらうことが可能です。ただし、室外機の設置も必要である点や、しっかりと固定しなければ危険であるため、専門の業者に依頼することが望ましいです。また初めてその場所の壁掛けの業務用エアコンを設置する場合、壁にエアコンの配管用の穴開け工事も必要となるため設置期間が長引いてしまう場合が多いです。